神前式費用 » 【タイプ別】神前式費用どれくらいかかる?

【タイプ別】神前式費用どれくらいかかる?

このカテゴリでは、「挙式のみ」「挙式+披露宴」「写真のみ」と、神前式のタイプごとの費用相場をご紹介しています。「挙式のみ」については、アットホームな雰囲気で楽しめる「食事会つき」のプランにも触れていますので、こちらもぜひチェックしてみてください。


ちなみに、神前式に必要となるものと費用の目安は以下の通りです。

初穂料

神社に祭られている神様に、挙式代として納めるのが初穂料です。神社によって金額は違いますが、一般的には5~15万程度。ホテル併設の神前式場やチャペルでの挙式よりも、比較的リーズナブルであることが多くなっています。

衣裳代

新郎新婦の衣裳にかかる費用。レンタルを利用する方が多く、新郎の紋付袴は10~15万円ほど。新婦の衣裳には、白無垢・色打掛・引き振り袖があり、どれも正式な衣裳となっています。

【白無垢】

打掛から帯・小物まで、すべて白でまとめた衣装。けがれのない花嫁の純真さと、美しさを引き立てる人気の衣裳です。レンタル代は、小物一式込みで10~20万ほど。かつら・角帽子・綿帽子は別料金となることも。

【色打掛】

掛下の上に、白以外の華やかな打掛を羽織るもの。色は、赤・緑・黒などが多め。神前式での着用もOKですが、挙式は白無垢で臨み、披露宴などのお色直しで着用するという人も多いようです。レンタル費用の目安は、15~25万円ほど。

【引き振袖】

おはしょりを作らず、裾を引きずるように着るもの。黒地に華やかな刺繍を施した黒引き振袖は、とくに格式が高く気品があることで人気です。未婚女性の正式礼装である振袖を着るチャンスは最後となるので、こちらを選ぶ人も多いそうです。レンタル費用の目安は、10~15万円ほど。

着付け・ヘアメイク

衣裳レンタルに着付け・ヘアメイク代も含まれていることが一般的ですが、別に依頼する場合もあります。和装の着付けは、新婦3~5万円・新郎1万円ほど。ヘアメイクは2~5万円前後です。お色直しをする場合や、衣裳崩れを直してもらう際の介添えを依頼する場合には、別途追加料金が必要です。

写真代

結婚式の様子をプロカメラマンに撮影してもらう際に必要な料金。費用は5~10万円以上と幅があります。ただし、神前式は撮影NGとなるシーンも多く、神社によっては提携店・提携カメラマン以外の立ち入りは不可となっているケースもあります。事前にしっかり確認を。

移動代

駅から近い神社であれば良いですが、ゲストのアクセスが不便な場合は、マイクロバス・タクシーなどでの送迎を依頼します。人数によって料金は前後しますが、4~8万円ほど。

全国エリア別の神前式の費用をチェック>>