太宰府天満宮

全国的にも有名な、福岡の太宰府天満宮での神前式を調査。境内や挙式の雰囲気、必要な費用について分かりやすくまとめています。また、おすすめの結婚式プランや利用者からの口コミ情報にも注目して。

人気の高い太宰府天満宮での神前式と費用をガイド

太宰府天満宮の神前式と費用をリサーチ

豊かな緑に囲まれた境内は落ち着いた雰囲気。さほど広い敷地ではありませんが、国の天然記念物に指定されている大楠や、国宝の本殿、朱塗りの太鼓橋、飛び梅、御神牛など、大変見どころの多い場所となっています。すぐ隣に九州国立博物館があり、観光スポットなので平日でも休日でも参拝客は多めの印象。修学旅行や受験シーズンは学生で賑わい、2~3月の梅の時期は観光客もとくに増えます。天満宮までの道はお土産屋さんも多く、名物の梅が枝餅を楽しめるなど大変にぎやかです。

福岡県内はもちろん、遠方からも挙式の希望が多い太宰府天満宮。神前式は伝統ある「誠心館 儀式殿」にて行われ、厳粛なムードが漂います。太宰府天満宮の挙式で人気を集めているのは、華やかな花嫁行列。赤い番傘を差した花嫁の姿は神社のロケーションとマッチし、大変美しく映えると評判です。

所在地 福岡県太宰府市宰府4-7-1
アクセス 西鉄電車「太宰府駅」徒歩5分
初穂料 120,000円(部屋使用料別)

挙式をしたカップルからの口コミをチェック!

とてもキレイな式場での神前式です。ひとつひとつの儀式を丁寧に行ってくれるので流れ作業という感じにならず、好感が持てました。挙式後に花嫁行列で参拝に行くのですが、すごい数の人から祝福されてビックリ!恥ずかしかったけど、一生に一度のことなのでいい思い出になりました。福岡市内からは距離がありますが、駅近なのでアクセスはいいです。

神社はいくつか見学したのですが、太宰府天満宮独特の雰囲気に惹かれて決めました。式場は境内にあるので、一般の参加者からも見られて超緊張!でも、たくさんお祝いの言葉をかけてもらって良い気分でした。結婚式と食事会のプランを利用しましたが、アットホームな演出で、出席者1人1人としっかり交流できたのも良かったです。

挙式専用の施設があるので、落ち着いて式に臨めました。派手な演出はありませんが、昔ならではの厳かな儀式は身が引き締まる思いです。とくに、花嫁行列は県外から参列してくれた親戚・友人からも好評でした。料金も、一般的なホテルで挙げるより断然安かったです。

太宰府天満宮で、古式ゆかしい神前式を執り行いました。控室から参進し、式場で神前式、そして本殿へ参進して控室へ戻る、といった流れです。全体で1時間程度だったように思います。挙式の当日は、神職の方が3名、巫女さん2名、事務員さん2名の計7名が付いてくださり、式の流れや段取りは巫女さんが丁寧に説明してくださいます。紅葉がとても綺麗な季節で、ゲストからも大変満足してもらえました。

神前式が行われる儀式殿は、想像よりも新しくて綺麗でした。外から差し込む光が綺麗で、明るかった印象があります。儀式の内容がとてもしっかりしていて、参列者全員に一体感と緊張感があったような感じです。太宰府天満宮は1000年以上の歴史を持つ神社。歴史ある神社で厳かな和婚を挙げたい方には、ぜひお勧めしたい神社です。

チャペルでの結婚式とは全然違って、格式高い雰囲気でしたよ。おすすめは花嫁行列。ゲストも含めて結構長い距離を歩くのですが、その間に、観光客の方々からも祝福の声をいただくなど、とても貴重な経験でした。西鉄太宰府駅からすぐに太宰府天満宮に着くので、アクセスは良いと覆います。参列できるのは最大で40名までなので、親族が中心の挙式になるとは思います。

太宰府天満宮での結婚式でしたが、挙式費用は12万円でした。福岡では高い方だと思いますが、記念品としてお札やお守り、梅の古木で作られた印鑑などがもらえます。参拝客も多い神社なので、たくさんの方にもお祝いしてもらえます。式が行われた誠心館儀式殿は完成してから十数年の建物らしいのですが、とてもキレイで設備も充実していると感じました。

1000年以上の歴史をもつ太宰府天満宮での挙式でした。境内は緑が多く、建物には長い歴史を感じさせる風格があります。神殿はなかなかの広さでした。大人数でなければ、ゆったり式ができると思います。しっかりとした神前式でしたが、式中にも作法の説明などしていただき、スムーズに進行しました。伝統的な結婚式が好きな人にはおすすめです。

さすがは太宰府天満宮といった感じの、美しく厳かな挙式が叶いました。県外にも知られている有名な神社ということもあり、本格的な神前式でしたね。私は日本伝統の結婚式にあこがれていたので、とてもうれしいです。福岡県内にある他の神社にも下見にいきましたが、やはりここで式を挙げられて良かったと思います。

おすすめ挙式プラン

和婚スタイル

和婚スタイル 
和婚プラン
■料金:49,800円+初穂料(土日祝20,000円UP)
■プラン内容
・新婦衣裳:白無垢・色打掛・引振袖から1点、小物一式。+25,000円で綿帽子&かつら
・新郎衣裳:紋付袴・小物一式
・美容支度(ヘアメイク):女性スタッフが担当
・着付け:経験豊富なプロが担当
・介添え:挙式当日に新郎新婦をサポート
お食事会プラン
■料金:和婚プラン+100,000円(6名様・1名追加11,000円、土日祝20,000円UP)
■プラン内容
・料理:着席コース料理でのおもてなし
・ドリンク:乾杯用ドリンク、フリードリンク付き
・ウェディングケーキ
・会場使用料
披露宴プラン
■料金:和婚プラン+400,000円(20名様・1名追加11,000円、土日祝20,000円UP)
■プラン内容
・ドレス&タキシード
・ヘアメイク
・料理:着席フルコース料理
・ドリンク:乾杯用ドリンク、フリードリンク付き
・ウェディングケーキ
・会場使用料
・披露宴アイテム:プロ司会者・会場装花・プロジェクター&スクリーン・音響・照明・サービス料

太宰府天満宮の祭神と歴史

太宰府天満宮は、菅原道真公の墓所の上に本殿を建立し、その神霊を永久に奉祀する神社。京都の北野天満宮と共に、全国にある天満宮の総本宮とされています。学問・至誠・厄除の神として、地元をはじめ日本全国から数多くの人に崇敬されており、参拝者数は年間700万人と言われています。

御祭神

  • 菅原道真公

全国エリア別の神前式の費用をチェック>>